じっと見ている男性

必要なスキル

パソコンとコップ

建設業の求人は様々ありますが、その1つが工事現場を仕切る現場監督の仕事です。現場監督の業務は、様々なことを管理することです。品質管理、安全管理、工程管理、予算管理、資材管理などを行います。このような業務を行う現場監督になるためには、建築施工管理技士という資格が必要になります。この資格を取得していれば、法的な条件としては可能です。ただ、求人募集では、建築士の資格が必要になることもあります。建築士の仕事は、建設に関する知識だけではなく、実務的な能力も必要です。これは、現場監督も同じで、毛熱に関する知識を持っていないと、現場監督として務まりません。ただ求人の条件だから必要というわけではなく、業務の内容的に建築士資格は必要になるのです。

建築の施工管理は、様々な職種が出入りするので、管理能力が必要になります。建設業という一括りにすることができますが、細かく分類すると、土工、基礎工、仮設工、大工、配管工、電気工、防水工など様々あるのです。多くの職種の人達は、それぞれ業務内容が異なっていて、入る順番も異なります。順番を間違えると作業が遅れてしまいますし、一気に作業を行ってもスペースが無い、などの問題が発生します。このような問題を発生しないように、様々な予測を立てて管理を行うのが、施工管理の大切な業務です。施工管理が、問題を予測できずに、管理を後回しに行ってしまうと、品質が低下したり、工程が遅れたり、事故が起きてしまったり、などが発生してしまうので、施工管理はとても重要な役割を果たしています。建設工事をする上で、問題にならないようにするためには、建築に関する知識と、管理する能力が必要になるのです。