じっと見ている男性

確認しよう

電話で話をする

注意点は、雇用条件の確認です。

営業の転職で注意すべき点は、採用された際の雇用条件の確認です。 転職は中途採用のため、即戦力が求められる傾向が強く、雇用条件にも反映されている場合があり、基本給が低く、インセンテチィブの割合が高い場合があり、さらにみなし残業がなどを含めた給与を提示する場合があります。このため転職する際には、雇用条件をしっかりと確認することが求められます。雇用条件の場合は提示されても交渉することが可能なので、不明な点などがある場合は積極的に人事の担当者に問い合わせると良いです。 このような問題から最近では、転職サポートを専門に行う事業者もあるので、活用するのも良いです。事業者の担当者が代行して対応してくれるので、安心感が持てます。

知っておくと良い情報は、業界研究と職務経歴書の作成についてです。

営業の転職で知っておくと良い情報は、転職する企業や業界によって求められる営業スタイルが異なるため、事前に業界や企業の研究をしておくことです。営業スタイルには大きく分けて二つあり、一人で行う場合とチームで取り組む場合があります。一人の場合は、これまでの職歴や成果が重視され、即戦力として期待されます。一方、チームで行う場合は、これまでの人間関係の構築の仕方や関わり方、業務での柔軟性が求められる傾向があります。 また、営業は職務経歴書のセンスも問われます。一般的には職務経歴書は書式が自由となっているため、構成やデザインなどの工夫が大きく評価の対象となります。事前に余裕を持って職務経歴書を作成すると良いです。